株価指数CFDの取引のことを〜名刺代わりに紹介します・・・

「株価指数CFD」に投資したことなどを名刺代わりとしてお送り致します♪
(同時に名刺交換もお願いしたい)



「株価指数CFD」で取引する私の名刺として・・・

株価指数CFDというのは取引する前に投資期間を決める、最終的にこれです!
まずは名刺代わりに紹介すると…どれほど綺麗に株価チャートなどが読めてもタイミングが悪ければ損失が出ることに。

取引も上達したのだが、同じ過ちの繰り返し…
いったい何が駄目なのか??? それは投資期間を決めていないからです。
名刺交換として相互リンクもございます。


「CFD」の取引での〜ダウ平均株価指数などの圧倒的な優位性☆

名刺代わりとして、投資ではなんといっても‘株価指数CFD’を勧める!
なぜならば手数料がスプレッドのみで取引ができる。
そして東芝とかアップルなどからOil&Gasなどまであるのが魅力だが…
指数であるダウ平均株価指数には圧倒的な優位性があるのでございます!(手数料が安いというか無料?!))

さて、取引での注意事項として、スリッページはあなたが注文した時の価格と、実際に約定(決定)した価格の差。
たとえば〜CFDの取引でダウ平均株価指数を10260で買おうとしたが、実際は10290だった……
このようになってしまう主要因は、流動性の低さ。 「ダウ平均株価指数と違いそこが薄い?」。

名刺代わりに〜綺麗に取引が流れ目立つ時は良いが、逆に流動性の低さが目立ち、そこで悪いニュースが出たらどうなるでしょう?
一斉に売りだーーー あなたが売りたい時には、買い手がいない。。。
下がった後、当初考えてたよりも低い約定の取引となってしまう。

株価指数CFDの投資でもダウ平均株価指数などは流動性の低さが目立ちません!
駄目な名刺のように「まったく売れない…」といったことは稀。
つまり、、どんな状況でも一定以上の買い手と売り手が存在してることが多い。

--- いつでも売れる ---
なんて大間違い!まずは期間を決めること〜綺麗でおしゃれな名刺デザインをしないとならない。

ここで魅力を紹介します・・・・・・・

【株価指数CFDの取引での魅力面】
・世界各国に投資できる
・手数料が安いし、十万円もあればダウ平均株価指数などに准ずるCFDに投資できる
・リスク分散が世界各国にできる

【名刺代わりに〜注意事項】
・綺麗にスマートに少資金で取引ができるがレバレッジがあるのでハイリスク・ハイリターンにもなります
・性能の低いパソコンと遅いインターネット回線では、いろいろな面で不利になり、取引できない可能性もあります


名刺代わりに〜綺麗でおしゃれな名刺デザインとして紹介すれば・・・

当初から、株価指数CFDの投資期間を決めること。 後悔しない名刺のようにデザイン☆
株価指数CFDをやるなら〜おしゃれな名刺デザインをしないとならない!

(紹介しておきますが…名刺交換として相互リンクもございます。)

※ ※ 『株価指数CFDの取引のことを〜名刺代わりに・・・』では全般的に数値の正確性などを保証をするものではございません。