CFDの魅力?



株価指数CFDは十万円もあればダウ平均株価指数などに投資できる!

「CFD」の魅力を、名刺代わりに紹介すると・・・
@世界各国に投資できる
A意外なことに十万円もあればダウ平均株価指数などに准ずるCFDに投資できる
B手数料が安い(無料?!)

魅力の前に…名刺代わりのプロフィールとして何だが一年ほど前に取引を開始したが、投資している者がほとんどいない日本には。
あなたも詳しくは知らないでしょう?九割以上はそもそもCFDの魅力なんてわからないはず。株価指数CFDであるダウ平均株価指数などに投資しようとは夢にも思わなかった。。

日経225ミニはご存知でございますか?
CFDって、ダウ平均株価指数などに投資するために必要な手数料などはこれに近いと考えて良い。

さて、CFDの魅力として、意外なことかもしれませんが十万円ほどで始められる。なぜならレバレッジをかけられるからでございます。 CFDは証拠金というものを預けたら、その数十倍かの金額での取引可能。
(あなたもご存知のFXも実はCFDと同じで差金決済取引です)

難しく言うと、「売値と買値の差額分だけを現金で決済」
「モノを買って⇒価値が上がったので⇒モノを売る」のと違う。。そのモノが現実世界には存在しないわけ。

たとえば〜三百五十万円の現物株を買うのにいくら必要??
それはあなた三百五十万円。
ところがだ、株価指数CFDだと三十五万円で済む。(一例)
現物株のみのあなたは、まずは日経225ミニへ〜
そこで取引に慣れてくださいませ。
ここでは名刺代わりのプロフィールとして紹介すると…百二十万円ほど証拠金を預けている。
これでCFDならダウ平均株価指数で十枚以上の取引可能で、単位の小さいS&P500だったら百枚以上。

さて、、日経225ミニが十分に読み取れて儲かってるのなら、株価指数CFDに投資する必要はあるのか?
「日経平均はわけわからない動きをするからキライ!」というあなたにCFDは向いてるはず^^。

日本というマーケットは超特殊なのはご存知?
外国人投資家が半分以上。言ってみれば、この考えや需給関係などで、日経平均はわけわからない動きをするのだ。
株価指数CFDって動きが比較的素直なダウ平均株価指数などに投資できる。このメリットは何ものにも変えがたい。そして手数料が安いというか無料の会社が多いのもCFDの魅力だ。

このように世界各国に投資ができるし、レバレッジがあり、手数料としてのスプレッドも比較的安く、十万円もあれば投資できるなんて株価指数のCFDぐらい!

ただし、ハイリスク・ハイリターンなので大きな損失が出ることも。。
たとえば〜現物株だと八十万円買ったとして五分間で0.5%動いたとしても⇒四千円。株価指数CFDならば⇒四万円にもなり得る。(一例)
ただし、この損失は防げる!
『株価指数CFDは取引する期間と株価チャート』を見よう。

NYダウのこと、投資期間を決めることなどを紹介してます〜・・・

CFDの手数料?

CFDの取引手数料は無料ですがスプレッドというものがあります。
ちなみに、『株価指数CFD』のスプレッドはたとえば、指数のJPN225は7円/SPX500は0.5USD…… (こちらは会社によって違います。)

その魅力を名刺代わりに紹介します〜手数料がよくわからないあなた対象に・・・指数CFDの手数料はスプレッドのみ
これは言わば買値と売値の差。これは時間帯により変動すため「〜%」ではない。

そのあたりのことは御自身で投資して、確実に把握すべき!
「なんとなくこんな感じだろう…」というのが最も危険でございます。
手数料を調べたら、まずは投資期間を決めることをおすすめします!!!

※ ※ 『株価指数CFDの取引のことを〜名刺代わりに紹介します・・・』サイトでは全般的に数値の正確性などを保証をするものではございません。